研究者
J-GLOBAL ID:201201094153030128   更新日: 2021年03月01日

畝川 芳彦

Segawa Yoshihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 原発不明癌に対するNivolumab(ONO-4538)の 有効性を検討する第II 相試験
論文 (9件):
  • Toshiki Masuishi, Akihito Tsuji, Masahito Kotaka, Masato Nakamura, Mitsugu Kochi, Akinori Takagane, Ken Shimada, Tadamichi Denda, Yoshihiko Segawa, Hiroaki Tanioka, et al. Phase 2 study of irinotecan plus cetuximab rechallenge as third-line treatment in KRAS wild-type metastatic colorectal cancer: JACCRO CC-08. British Journal of Cancer. 2020. 123. 10. 1490-1495
  • Hidetoshi Hayashi, Yuichi Takiguchi, Hironobu Minami, Kohei Akiyoshi, Yoshihiko Segawa, Hiroki Ued, Yasuo Iwamoto, Chihiro Kondoh, Koji Matsumoto, Shin Takahashi, et al. Site-Specific and Targeted Therapy Based on Molecular Profiling by Next-Generation Sequencing for Cancer of Unknown Primary Site: a Nonrandomized Phase 2 Clinical Trial. JAMA Oncology. 2020. 6. 12. 1-9
  • Sunakawa Y, Mogushi K, Lenz H, Zhang W, Tsuji A, Takahashi T, Denda T, Shimada K, Kochi M, Nakamura M, et al. Tumor sideness and enriched gene groups for efficacy of first-line cetuximab treatment in metastatic colorectal cancer. Molecular Cancer Therapeutics. 2018. 17. 12. 2788-2795
  • Kimura Y, Fujii M, Masuishi T, Nishikawa K, Kunisaki C, Matsusaka S, Segawa Y, Nakamura M, Sasaki K, Nagao N, et al. Multicenter phase II study of trastuzumab plus S-1 alone in elderly patients with HER2-positive advanced gastric cancer (JACCRO GC-06). Gastric Cancer. 2018. 21. 421-427
  • Yu Sunakawa, Akihito Tsuji, Tadamichi Denda, Yoshihiko Segawa, Yuji Negoro, Ken Shimada, Mitsugu Kochi, Masato Nakamura, Masahito Kotaka, Hiroaki Tanioka, et al. CEA response and depth of response (DpR) to predict clinical outcomes of first-line cetuximab treatment for metastatic colorectal cancer. Target Oncol. 2017. 12. 787-794
もっと見る
書籍 (4件):
  • がん救急「がん治療認定医 教育セミナーテキスト第10版 日本がん治療認定医機構 教育委員会編集」
    日本がん治療認定医機構教育委員会 2016
  • 前立腺がん:前立腺がんに対してCombined androgen blockade (CAB)は去勢単独よりも推奨されるか?「EBMがん化学療法・分子標的治療法 2015-2016 監修:西條長宏、編集:朴 成和、大江裕一郎、南 博信、直江知樹、2015、中外医学社(東京)」
    中外医学社 2015
  • がん救急「がん治療認定医 教育セミナーテキスト第9版 日本がん治療認定医機構 教育委員会編集」
    日本がん治療認定医機構教育委員会 2015
  • がん外来化学療法の安全性と効率化「がん化学療法チームマネジメント:埼玉医科大学国際医療センターでの検証と未来像 監修:小山 勇、編集:佐伯俊昭、2015、医学と看護社(東京)」
    医学と看護社 2015
講演・口頭発表等 (7件):
  • Phase II Trial of Site-Specific Treatment Based on Gene Expression and Mutation Profiling by NGS for Patients with Cancer of Unknown Primary (CUP)
    (第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021)
  • A phase II study on the efficacy of Nivolumab in patients with cancer of unknown primary (CUP) (NivoCUP)
    (第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021)
  • NivoCUP: An open label phase 2 study on the efficacy of Nivolumab in cancer of unknown primary (CUP)
    (Annual Meeting of ASCO 2020 2020)
  • 日本人の原発不明がん(CUP)におけるニボルマブの有効性を検討する第II相試験(NivoCUP)
    (第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019)
  • 転移性結腸直腸がん(mCRC)に対するS-1とOxaliplatin(SOX)にセツキシマブを併用する第II相試験のアップデート
    (第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 岡山大学医学博士 (岡山大学)
委員歴 (2件):
  • 2013/08 - 現在 日本臨床腫瘍学会 教育企画部会委員
  • 2013/08 - 2018/07 日本臨床腫瘍学会 新臨床腫瘍学改訂第4及び5版編集委員会委員
所属学会 (9件):
日本臨床腫瘍学会 ,  International Association for the Study of Lung Cancer ,  American Society of Clinical Oncology ,  日本癌学会 ,  日本内科学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る