研究者
J-GLOBAL ID:201201094235540698   更新日: 2020年09月16日

中倉 敬

中 倉敬 | Nakakura Takashi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://scholar.google.co.jp/citations?user=lh8pCC0AAAAJ&hl=ja
研究分野 (3件): 解剖学 ,  形態、構造 ,  代謝、内分泌学
研究キーワード (15件): 下垂体門脈系 ,  アセチル化修飾 ,  微小管 ,  チューブリン ,  血管形成 ,  運動線毛 ,  一次線毛 ,  毛細血管 ,  pH ,  糖代謝 ,  インスリン ,  プロトン受容体 ,  下垂体 ,  VEGF ,  GPCR
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2022 毛細血管の有窓形成を調節する細胞外マトリクス分子の同定と制御メカニズムの解明
  • 2019 - 2021 有窓型毛細血管の孔形成を調節する細胞外マトリクス分子の同定と作用機序の解明
  • 2019 - 2021 毛細血管の物質透過を制御 する“窓”形成の分子機序
  • 2019 - 毛細血管の有窓構造を形作る分泌性因子の探索とその構築機序の解明
  • 2016 - 2019 チューブリンアセチル化修飾による微小管機能の制御と内分泌調節機構の解明
全件表示
論文 (45件):
  • Takashi Nakakura, Takeshi Suzuki, Hideyuki Tanaka, Kenjiro Arisawa, Toshio Miyashita, Yoko Nekooki-Machida, Toshiki Kurosawa, Yuma Tega, Yoshiharu Deguchi, Haruo Hagiwara. Fibronectin is essential for formation of fenestrae in endothelial cells of the fenestrated capillary. Cell and tissue research. 2020
  • Takahiro Nemoto, Takashi Nakakura, Yoshihiko Kakinuma. Elevated blood pressure in high-fat diet-exposed low birthweight rat offspring is most likely caused by elevated glucocorticoid levels due to abnormal pituitary negative feedback. PloS one. 2020. 15. 8. e0238223
  • Kotaro Horiguchi, Saishu Yoshida, Takehiro Tsukada, Takashi Nakakura, Ken Fujiwara, Rumi Hasegawa, Shu Takigami, Shunji Ohsako. Expression and functions of cluster of differentiation 9 and 81 in rat mammary epithelial cells. The Journal of reproduction and development. 2020
  • Saishu Yoshida, Katsuhiko Aoki, Ken Fujiwara, Takashi Nakakura, Akira Kawamura, Kohji Yamada, Masaya Ono, Satomi Yogosawa, Kiyotsugu Yoshida. The novel ciliogenesis regulator DYRK2 governs Hedgehog signaling during mouse embryogenesis. eLife. 2020. 9. e57381
  • Makiko Sato, Haruka Aoki-Saito, Hayato Fukuda, Hiroyuki Ikeda, Yasuhiko Koga, Masakiyo Yatomi, Hiroaki Tsurumaki, Toshitaka Maeno, Tsugumichi Saito, Takashi Nakakura, et al. Resolvin E3 attenuates allergic airway inflammation via the interleukin-23-interleukin-17A pathway. FASEB journal. 2019. 33. 11. 12750-12759
もっと見る
MISC (14件):
書籍 (1件):
  • 動物学の百科事典
    丸善出版 2018 ISBN:4621303090
講演・口頭発表等 (45件):
  • ラット下垂体に存在する運動線毛保有細胞の分子形態学的性質
    (第93回 日本内分泌学会学術集会(Web開催) 2020)
  • ラット下垂体前葉を対象にした有窓型内皮細胞の単離法の確立と培養条件の検討
    (第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(誌上開催) 2020)
  • ラット下垂体前葉に分布する有窓型内皮細胞の単離と培養系の確立
    (第44回日本比較内分泌学会およびシンポジウム 埼玉大会 2019)
  • ラット下垂体前葉からの有窓型内皮細胞の単離と培養条件の検討
    (第46回日本神経内分泌学会学術集会 2019)
  • The endocrinal signal transduction systems in the mouse corticotroph cell line AtT20 cells are finely tuned by the α-tubulin acetylation of microtubules.
    (The 19th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA 2019) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 静岡大学 バイオサイエンス専攻 (博士後期課程)
  • 2004 - 2006 静岡大学 生物地球環境科学科 (博士前期課程)
  • 2000 - 2004 静岡大学 生物地球環境科学科
学位 (1件):
  • 理学 (静岡大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 東京福祉大学 教育学部 教育学科 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 帝京大学 医学部 解剖学講座 講師
  • 2013/04 - 現在 帝京高等看護学院 非常勤講師
  • 2012/04 - 2019/03 帝京大学 医学部 解剖学講座 助教
  • 2011/04 - 2012/03 群馬大学 生体調節研究所 研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/10 - 現在 日本神経内分泌学会 評議員
  • 2015/09 - 現在 日本下垂体研究会 評議員
受賞 (5件):
  • 2009/03 - 静岡大学 創造科学技術大学院長賞
  • 2008/12 - 日本比較内分泌学会 若手研究者最優秀発表賞
  • 2007/05 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除
  • 2006/08 - 日本下垂体研究会 最優秀発表賞
  • 2006/02 - 静岡大学理工学研究科生物地球環境科学専攻(生物学系) 学科長賞
所属学会 (6件):
日本神経内分泌学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本解剖学会 ,  日本生化学会 ,  日本下垂体研究会 ,  日本比較内分泌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る