研究者
J-GLOBAL ID:201201094323504766   更新日: 2020年03月30日

五十嵐 香

Igarashi Kaoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (1件): 無機化学,物理化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2002 - 2003 自己崩壊性セラミックスの開発
  • 2000 - 2001 レーザーアブレーションによる非平衡セラミック固溶体膜の合成
  • 1994 - 1995 レーザー照射による絶縁体の導体化
論文 (32件):
  • 木島, 四茂野, 真鍋, 秋本, 五十嵐香. Fe2O3/SnO2ナノ複合体のマイクロ波合成とリチウム貯蔵性能. ケミストリーレター. 2017. 46. 6. 886-888
  • Young-Jin Park Young-Jin Park, Kaoru Igarashi, Tadao Shimizu. Dielectric Constant of Sintered Compact of Oriented Barium Titanate Short Fibers Doped with Mica. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2002. 75. 2241-2246
  • Keqin Li, Tadao Shimizu, Kaoru Igarashi. Pereparation of Short Mullite Fibers from Kaolin via the Addition of Foaming Agents. J. Am. Ceram. Soc. 2001. 84. 497-503
  • Young-Jin Park, kaoru Igarashi, Tadao Shimizu. Manufacture and mechanical properties of magnesium potassium titanate short fiber/glass composite, Advanced Composite Materials. Advanced Composite Materials. 2000. 10. 17-28
  • Kaoru Igarashi, Mitsuo Maeda. Dominant Factors of Preventing Rhodamine 6G from Dimer Formation in Aqueous Solutions. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1999. 72. 1190-1202
もっと見る
書籍 (3件):
  • 粉末粉体冶金用語事典
    日刊工業新聞社 2001
  • 結晶化学入門
    朝倉書店 1999
  • 化学用語辞典(第3版)
    技報堂出版 1992
講演・口頭発表等 (17件):
  • PLD法によるPbS膜の作製とゼーベック係数評価
    (日本セラミックス協会2018年年会 2018)
  • La2CuO4の高温における導電率を左右する因子
    (2013)
  • 紫外線レーザー照射による酸化チタン表面の半導体化
    (日本セラミックス協会第12回秋季シンポジウム 1999)
  • ムライトの水酸化ナトリウム溶液における低温水熱反応
    (日本セラミックス協会第12回秋季シンポジウム 1999)
  • 繊維状チタン酸カリウムマグネシウムの合成と物性について
    (日本セラミックス協会1998年年会 1998)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2016/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
  • 2010/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
  • 2010/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る