研究者
J-GLOBAL ID:201201094546486395   更新日: 2021年10月13日

宮城 敦子

ミヤギ アツコ | Miyagi Atsuko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 植物分子、生理科学 ,  応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学
研究キーワード (13件): イネ ,  質量分析 ,  キャピラリー電気泳動 ,  一次代謝 ,  コガタルリハムシ ,  腸内細菌叢 ,  CE-MS ,  メタボロミクス ,  エゾノギシギシ ,  シュウ酸 ,  メタボローム ,  環境応答 ,  代謝生理
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2022 メタボローム解析から探る稲わら高品質化のためのシュウ酸蓄積分子機構
  • 2016 - 2018 ワイドターゲットメタボロミクスを基盤とした植物のシュウ酸蓄積分子機構の解明
論文 (36件):
  • Masami Tanaka, Yuuma Ishikawa, Sayaka Suzuki, Takako Ogawa, Yukimi Y. Taniguchi, Atsuko Miyagi, Toshiki Ishikawa, Masatoshi Yamaguchi, Yuri Nakajima-Munekage, Maki Kawai-Yamada. Change in expression levels of NAD kinase-encoding genes in Flaveria species. Journal of Plant Physiology. 2021. in press
  • Yuichi Yokochi, Keisuke Yoshida, Florian Hahn, Atsuko Miyagi, Ken-ichi Wakabayashi, Maki Kawai-Yamada, Andreas P. M. Weber, Toru Hisabori. Redox regulation of NADP-malate dehydrogenase is vital for land plants under fluctuating light environment. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021. 118. 6. e2016903118
  • Takushi Hachiya, Mayumi Wakazaki, Mayuko Sato, Kiminori Toyooka, Atsuko Miyagi, Maki Kawai-Yamada, Daisuke Sugiura, Tsuyoshi Nakagawa, Takatoshi Kiba, Alain Gojon, et al. Excessive ammonium assimilation by plastidic glutamine synthetase causes ammonium toxicity in Arabidopsis thaliana. Nature Communications. 2021. in press
  • Yuuma Ishikawa, Cedric Cassan, Aikeranmu Kadeer, Koki Yuasa, Nozomu Sato, Kintake Sonoike, Yasuko Kaneko, Atsuko Miyagi, Hiroko Takahashi, Toshiki Ishikawa, et al. The NAD kinase Slr0400 functions as a growth repressor in Synechocystis sp. PCC 6803. Plant and Cell Physiology. 2021. in press
  • Maki Kawai-Yamada, Atsuko Miyagi, Yuki Sato, Yuki Hosoi, Shin-nosuke Hashida, Toshiki Ishikawa, Masatoshi Yamaguchi. Altered metabolism of chloroplastic NAD kinase-overexpressing Arabidopsis in response to magnesium sulfate supplementation. Plant Signaling & Behavior. 2021. 16. 1. Article No. 1844509
もっと見る
MISC (7件):
特許 (1件):
  • シュウ酸濃度が低減された植物体の製造法
講演・口頭発表等 (10件):
  • イネ品種間におけるシュウ酸蓄積の比較解析
    (日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2019)
  • 光合成誘導反応のイネ品種間差に関わる生理的要因の解析
    (日本作物学会講演会要旨集 2019)
  • メタボローム解析から探るイネのシュウ酸代謝機構
    (第12回メタボロームシンポジウム 2018)
  • イネにおける染色体部分置換がシュウ酸蓄積に及ぼす影響
    (日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2018)
  • イオンビーム照射イネ系統におけるメタボローム解析
    (日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 東京大学 生物科学専攻 博士課程
  • 2003 - 2005 東京大学 生物科学専攻 修士課程
  • 1999 - 2003 神戸大学 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2018/07 - 現在 埼玉大学 大学院理工学研究科 助教
  • 2013/04 - 2018/06 埼玉大学 大学院理工学研究科 研究支援者
  • 2012/04 - 2013/03 埼玉大学 環境科学研究センター 研究支援者
  • 2010/04 - 2012/03 埼玉大学 環境科学研究センター 技術補佐員
  • 2009/04 - 2010/03 東京大学 分子細胞生物学研究所 技術補佐員
委員歴 (1件):
  • 2017/08 - 2017/08 日本植物細胞分子生物学会 大会実行委員
所属学会 (4件):
日本生態学会 ,  日本植物細胞分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本植物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る