研究者
J-GLOBAL ID:201201095822066164   更新日: 2021年09月08日

守田 智保子

モリタ チホコ | Morita Chihoko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 刑事法学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2020 量刑の観点から見た刑事手続全過程の再検討
論文 (12件):
  • 守田,智保子. 違法収集証拠排除法則における違法の重大性判断と主観的事情. 筑波法政. 2020. 83. 11-34
  • 守田, 智保子, 八百章嘉. アカウンタビリティを通じた警察活動規律の可能性--民主的統制の観点からみた警察官装着カメラの限界--. 法律論叢(明治大学法律研究所). 2018. 91. 1. 321-363
  • 守田,智保子. 〈判例研究〉GPS捜査によって得られた証拠の証拠能力. 筑波法政. 2018. 73. 21-37
  • 守田,智保子. 適正手続条項による証拠排除ーRichard Reの『The Due Process Exclusionary Rule』を手がかりとしてー. 筑波法政. 2016. 66. 89-125
  • 守田,智保子. 排除法則の理論的根拠の再検討. 筑波法政. 2015. 64. 93-116
もっと見る
書籍 (2件):
  • 中空壽雅=上野正雄=辻脇葉子=黒澤睦編『刑事立法の動向と法解釈ー山田道郎先生古稀祝賀論文集ー』
    成文堂 2021
  • 真実発見と違法収集証拠排除法則
    2008
講演・口頭発表等 (4件):
  • Criminal Procedure and Important Issues of the Day in Japan.
    (International Symposium Judicial Management. The 2019 Training Course on Incorporation into the Court of Justice for Court Officials of the Judiciary of Thailand in University of Tsukuba and Meiji University. 2019)
  • Criminal Procedure and Important Issues of the day in Japan.
    (International Symposium Judicial Management. The 2019 Training Course on Incorporation into the Court of Justice for Court Officials of the Judiciary of Thailand in University of Tsukuba and Meiji University. 2019)
  • GPS investigation and right of the target. It intrudes the “privacy“?
    (I-Con:Identity, Security,Democracy : Challenges for Public Law 2018)
  • 違法収集証拠排除法則について
    (第2回刑事法合同研究会 2016)
学位 (1件):
  • 修士(法学) (明治大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 明治大学 法学部 非常勤講師
  • 2011/09 - 現在 筑波大学 人文社会系 助教
  • 2010/04 - 2011/08 明治大学 法学部 専任助手
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 予備委員
  • 2016/04 - 2020/03 茨城県弁護士会懲戒委員会 予備委員
所属学会 (1件):
日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る