研究者
J-GLOBAL ID:201201096361776390   更新日: 2021年06月08日

川田 浩一

カワダ コウイチ | Kawada Koichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30581631.ja.html
研究分野 (3件): 精神神経科学 ,  薬理学 ,  神経科学一般
研究キーワード (3件): テアニン ,  小胞体ストレス ,  自閉スペクトラム症
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2017 神経発達症/神経発達障害の治療・予防における小胞体ストレスの病態生理学的解析
  • 2012 - 2014 発達障害の発症に対する胎児期への小胞体ストレス負荷の影響
論文 (25件):
もっと見る
MISC (18件):
  • Koichi Kawada, Takaaki Iekumo, Ryo Saito, Masayuki Kaneko, Yasuyuki Nomura, Yasunobu Okuma. Involvement of endplasmic reticulum stress in autism spectrum disorder. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014. 124. 182P-182P
  • Ryo Saito, Masayuki Kaneko, Koichi Kawada, Yasuyuki Nomura, Yasunobu Okuma. Effects of oxidative stress on the solubility of an Alzheimer's disease-related ubiquitin ligase HRD1. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014. 124. 120P-120P
  • Ryo Saito, Masayuki Kaneko, Koichi Kawada, Yasuyuki Nomura, Yasunobu Okuma. Insolubilization of an ubiquitin ligase HRD1 triggered by oxidative stress may be involved in Alzheimer's disease pathogenesis. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2013. 121. 62P-62P
  • Koichi Kawada, Masayuki Kaneko, Ryo Saito, Yasuyuki Nomura, Yasunobu Okuma. Endoplasmic reticulum stress might regulate the neuronal development via ubiquitin ligase HRD1. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2013. 121. 175P-175P
  • 川田 浩一, 藤永 直己, 山下 美穂, 佐藤 亜紗美, 東野 俊作, 金子 雅幸, 野村 靖幸, 大熊 康修. 神経分化制御におけるツニカマイシン誘導性小胞体ストレスの影響. 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology. 2012. 32. 2. 115-116
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2007 - 2010 摂南大学大学院 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 千葉科学大学 薬学部 准教授
  • 2013/04 - 2018/03 千葉科学大学 薬学部 講師
  • 2010/04 - 2013/03 千葉科学大学 薬学部 助教
  • 2009/04 - 2010/03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議委員
所属学会 (6件):
Asian-Pacific Society for Neurochemistry ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る