研究者
J-GLOBAL ID:201201096540393541   更新日: 2020年11月04日

星 純子

ホシ ジュンコ | Hoshi Junko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会学
論文 (4件):
  • 星純子. 誰在統治社區?:從美濃國家自然公園問題看客家村社區營造、農村空間與地方治理變化. 張維安主編『在地、南向與全球客家』. 2017. 135-176
  • 県市合併後の地域政治変動と社会運動. 日本台湾学会報. 2012
  • 星純子. 挑戦『両個政治』:現代台湾社会運動、社区総体営造與地方社会(中国語). 跨域青年学者台湾史研究続集. 2009. 2. 405-445
  • 星純子. 現代台湾社会運動の「成功」と変容 --高雄県美濃鎮におけるダム建設反対運動とまちづくり. 日本台湾学会報. 2007. 9. 177-198
MISC (1件):
  • 星純子. 台湾台中市東勢区における寄接梨の発展と品質向上活動:技術論と社会発展の観点から. 茨城大学人文学部紀要 社会科学論集. 2015. 59. 57-70
書籍 (4件):
  • 『研究入門 台湾』(「社区営造の担い手のゆくえ」担当)
    東京大学出版会 2020
  • コミュニティ事典(項目「台湾のコミュニティ」担当)
    春風社 2017
  • World Environmental Chronology
    すいれん舎 2014
  • 現代台湾コミュニティ運動の地域社会学 高雄県美濃鎮における社会運動、民主化、社区総体営造
    御茶の水書房 2013
講演・口頭発表等 (7件):
  • 高雄市美濃区における里山の概念と実践
    (日本台湾学会 2019)
  • 台湾における里山概念の受容と変節
    (環境社会学会 2018)
  • Sustainability of temperate orchard in Lishan, Taiwan: in the context of national development and agriculture under globalization
    (6th ISESEA(International Symposium on Environmental Sociology in East Asia) 2017)
  • 誰在統治社區?:從客家村社區營造、農村空間與地方治理變化看美濃國家自然公園問題
    (台湾客家国際シンポジウム 2016)
  • 台湾の商品作物における「技術の語り」:台中市東勢区の寄接ナシ栽培を例に
    (日本台湾学会第17回学術大会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2010 東京大学
  • 2002 - 2010 東京大学
学位 (2件):
  • 修士(学術) (東京大学)
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2010/04/01 - 2012/03/31 法政大学サステイナビリティ研究教育機構
受賞 (1件):
  • 2013/05/25 - 第7回日本台湾学会賞(政治・経済部門)
所属学会 (2件):
日本台湾学会 ,  環境社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る