研究者
J-GLOBAL ID:201201097462629246   更新日: 2020年10月08日

倉重 八千代

クラシゲ ヤチヨ | Kurashige Yachiyo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://mgulaw.jp/
研究分野 (2件): 民事法学 ,  新領域法学
研究キーワード (6件): 民法 ,  契約法 ,  消費者法 ,  インターネット ,  証券 ,  建築
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 消費者団体による差止請求の実証研究 基盤研究(B)
  • 債権流動化と債権譲渡禁止特約を巡る法的問題と新たな動向-ドイツ法の示唆を受けて- 若手研究(B)
論文 (2件):
  • 倉重八千代. アメリカのオンライン取引における適合性原則の推奨概念の解釈について. 明治学院大学 法学研究. 2017. 103. 89-129
  • 倉重八千代. 土地・建物の瑕疵についての不法行為に基づく損害賠償請求権に対する民法724条後段の期間制限について. 明治学院大学 法学研究. 2016. 101. 71-89
MISC (2件):
  • KURASHIGE Yachiyo. Protection and Relief for Investors under Legal Discipline including the Suitability Rule in Internet Trading -Suggestions from US Law-. SHIHO (JOURNAL OF PRIVATE LAW). 2018. 80. 163-164
  • 倉重八千代. インターネット取引における適合性原則その他の法的規律による投資者保護・救済について--アメリカ法からの示唆. 私法. 2018. 80. 111-118
書籍 (1件):
  • 消費者契約における仲裁条項の効力について~アメリカのPDAAsの有効性をめぐる議論からの示唆~『市民生活関係法の新たな展開』(大西泰博先生古稀記念論文集 所収)
    敬文堂 2019 ISBN:9784767002293
講演・口頭発表等 (5件):
  • 〔学会報告〕インターネット取引における適合性原則その他の法的規律による投資者保護・救済について--アメリカ法からの示唆
    (2017年度 日本私法学会第81回大会 関西学院大学 2017)
  • 〔学会報告〕 民法改正が建築瑕疵の 不法行為責任・瑕疵担保責任の期間制限に与える影響について
    (2016年度大会(九州)日本建築学会 学術講演会 福岡大学 2016)
  • 〔学会報告〕 建物建築請負契約における請負人の瑕疵担保責任と注文者の解除制限についての一考察
    (2014年度大会(近畿)日本建築学会 学術講演会 神戸大学 2014)
  • 〔学会報告〕 建物建築請負契約における 建物の瑕疵と違法建築に対する民事責任
    (2013年度大会(北海道)日本建築学会 学術講演会 北海道大学 2013)
  • 〔学会報告〕 民法第466条の債権譲渡禁止特約と建設工事請負代金債権の譲渡に関する研究
    (2004年度大会(北海道)日本建築学会 学術講演会 北海道大学 2004)
学位 (1件):
  • 修士(学術) (早稲田大学)
経歴 (3件):
  • - 現在 明治学院大学 法学部 准教授
  • 早稲田大学 社会科学部 助手
  • 明治学院大学 法学部 専任講師
所属学会 (4件):
日本私法学会 ,  日本消費者法学会 ,  日本建築学会 ,  日本土地法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る