研究者
J-GLOBAL ID:201201098748657855   更新日: 2024年02月05日

桐野 洋平

キリノ ヨウヘイ | Kirino Yohei
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 内科学一般 ,  膠原病、アレルギー内科学
研究キーワード (6件): ベーチェット病 ,  VEXAS症候群 ,  成人スティル病 ,  自己炎症性疾患 ,  遺伝学 ,  免疫チェックポイント阻害薬
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2023 - 2026 新規自己炎症性疾患 VEXAS症候群のdeep phenotypingを通じた病態解明研究
  • 2023 - 2026 転写因子IRF5に注目した全身性エリテマトーデスの新しい病態解明
  • 2023 - 2026 自己炎症性疾患とその類縁疾患における、移行期医療を含めた診療体制整備、患者登録推進、全国疫学調査に基づく診療ガイドライン構築に関する研究
  • 2023 - 2026 レジストリを活用したベーチェット病の予後不良病型発症予防のためのtreat-to-target開発
  • 2017 - 2026 ベーチェット病に関する調査研究
全件表示
論文 (113件):
  • Yohei Kirino. Clinical Challenges of Emerging Acquired Autoinflammatory Diseases, Including VEXAS Syndrome. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2024
  • Natsuki Fukuda, Daisuke Kanai, Kaoru Hoshino, Yuriko Fukuda, Ryutaro Morita, Yuki Ishikawa, Tomohiko Kanaoka, Yoshiyuki Toya, Yohei Kirino, Hiromichi Wakui, et al. Vacuoles, E1 enzyme, X-linked, autoinflammatory, somatic (VEXAS) syndrome presenting as recurrent aseptic peritonitis in a patient receiving peritoneal dialysis: a case report. BMC nephrology. 2024. 25. 1. 18-18
  • Naomi Tsuchida, Yuri Uchiyama, Ayaka Maeda, Nobuyuki Horita, Yohei Kirino, Naomichi Matsumoto. Comment on: Efficient detection of somatic UBA1 variants and clinical scoring system predicting patients with variants in VEXAS syndrome: reply. Rheumatology (Oxford, England). 2023
  • Soichiro Adachi, Kaoru Takase-Minegishi, Ayaka Maeda, Hideto Nagai, Nobuyuki Horita, Ryusuke Yoshimi, Yohei Kirino, Hideaki Nakajima. Risk of Macrophage Activation Syndrome in Patients with Adult-Onset Still's Disease Treated with IL-1 and IL-6 Inhibitors: A Meta-analysis and Single-Center Experience. Rheumatology and therapy. 2023
  • Ayaka Maeda, Naomi Tsuchida, Yuri Uchiyama, Nobuyuki Horita, Satoshi Kobayashi, Mitsumasa Kishimoto, Daisuke Kobayashi, Haruki Matsumoto, Tomoyuki Asano, Kiyoshi Migita, et al. Efficient detection of somatic UBA1 variants and clinical scoring system predicting patients with variants in VEXAS syndrome. Rheumatology (Oxford, England). 2023
もっと見る
MISC (329件):
  • 桐野 洋平. 「スティル病の病態連続性と移行医療」 成人科から見たスティル病の病態と移行医療の現状. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2023. 32回. 86-86
  • 桐野洋平. VEXAS 症候群を含めた 「後天性自己炎症性疾患」の臨床的課題. 炎症と免疫. 2023. 31. 6
  • 鈴木 紗也佳, 木村 浄土, 富山 勝博, 中村 元, 橋立 英樹, 小林 大介, 前田 彩花, 桐野 洋平, 松本 直通. 当院で経験したVEXAS症候群の2例. 日本皮膚科学会雑誌. 2023. 133. 8. 1870-1870
  • 桐野洋平. VEXAS症候群ってどんな病気?. 皮膚アレルギーフロンティア. 2023. 21. 1. 36-37
  • 樫野 かおり, 土田 奈緒美, 前田 彩花, 内山 由理, 桐野 洋平, 松本 直通. 耳介軟骨炎を初発症状としたVEXAS症候群の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2023. 133. 5. 1364-1364
もっと見る
書籍 (17件):
  • 今日の治療指針 2024年版
    2024
  • 現場がエキスパートに聞きたい ベーチェット病
    日本医事新報社 2023 ISBN:9784784913978
  • 今日の治療指針 2023年版
    2023
  • 第10版 日本リウマチ学会 リウマチ専門医試験 例題と解説
    2022
  • 私の治療 第4版
    日本医事新報社 2022
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 皮膚科との連携が診断に有用であった一例
    (第6回日本ベーチェット病学会 2023)
  • 成人科から見たスティル病の病態と 移行医療の現状
    (第32回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2023)
  • 新しい自己炎症性疾患 VEXAS症候群について
    (第39回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会 2023)
  • Seeking precision medicine based on the pathophysiology of Behçet's disease
    (ICCLE meeting 2023)
  • 横浜市立大学ベーチェットレジストリから判明した疾患活動性の現状
    (第67回日本リウマチ学会総会・学術集会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 横浜市立大学大学院医学研究科 病態免疫制御内科学
  • 1995 - 2001 横浜市立大学 医学部
経歴 (10件):
  • 2016/04 - 現在 横浜市立大学医学部 血液免疫感染症内科学 講師
  • 2023/04 - 横浜市立大学附属病院 乾癬センター 副センター長
  • 2019/01 - 横浜市立大学附属病院ベーチェット病診療研究センター レジストリ解析室 室長
  • 2015/04 - 2016/03 横浜市立大学附属病院 リウマチ血液感染症内科 講師
  • 2013/04 - 2015/03 横浜市立大学医学部 病態免疫制御内科学 助教
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2023/06 - 現在 Frontiers in Immunology Review editor
  • 2023/04 - 現在 厚生労働省 自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、移行医療体制の構築、診療ガイドライン 確立に関する研究班 研究分担者
  • 2022/11 - 現在 日本内科学会 関東地方会幹事
  • 2022/07 - 現在 International Society for Behcet's Disease Council member
  • 2021/09 - 現在 横浜市立大学医学部・病院再整備事業 研究領域検討委員会委員 学内連携ワーキンググループリーダー
全件表示
受賞 (14件):
  • 2023/04 - 日本リウマチ学会 Modern Rheumatology Case Reports Top Reviewer Award
  • 2022/05 - 横浜市立大学医学会 2021年度横浜市立大学医学会賞
  • 2022/04 - 日本リウマチ学会 Modern Rheumatology Top Reviewer Award
  • 2020/04 - 日本リウマチ学会 Modern Rheumatology Top Reviewer Award
  • 2019/11 - 日本ベーチェット病学会 稲葉午朗賞
全件表示
所属学会 (9件):
日本臨床免疫学会 ,  International Society for Behcet's Disease ,  International Society of Systemic Auto-Inflammatory Diseases ,  日本免疫不全•自己炎症学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本内科学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本臨床リウマチ学会 ,  日本ベーチェット病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る