研究者
J-GLOBAL ID:201201099072515595   更新日: 2021年08月18日

北園 智弘

キタゾノ トモヒロ | Kitazono Tomohiro
所属機関・部署:
職名: ポスドク
ホームページURL (1件): http://sleepymouse.jp/
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (6件): プロテオーム解析 ,  キナーゼ ,  シグナル伝達経路 ,  睡眠 ,  神経科学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 「眠気」の分子基盤と神経回路の解明
  • 2021 - 2024 睡眠・覚醒を制御する新規細胞内シグナル伝達経路の解明
  • 2018 - 2020 睡眠の細胞内分子カスケードを担う新規制御分子の網羅的な探索と解析
  • 2017 - 2019 睡眠覚醒制御機構に関与する新たな細胞内シグナル伝達経路の解明
  • 2013 - 2018 線虫C. elegansの忘却制御機構から探る記憶のダイナミズム
全件表示
論文 (4件):
MISC (1件):
  • Tomohiro Kitazono, Akitoshi Inoue, Takeshi Ishihara. Searching for forgetting signals in C-elegans. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2012. 87. 6. 408-408
講演・口頭発表等 (18件):
  • 恒常的睡眠要求を制御する新規シグナル伝達経路の探索
    (第44回日本神経科学大会 2021)
  • SIK3シグナル伝達経路を介した恒常的睡眠要求の分子基盤の同定
    (第43回日本分子生物学会年会 2020)
  • SIK3の基質スクリーニングによる眠気の分子基盤の解析
    (第42回 日本分子生物学会年会 2019)
  • Exploration of the intracellular molecular mechanisms for homeostatic sleep-wake regulation
    (The 7th Annual IIIS Symposium ~Solving the mystery of sleep~ 2018)
  • 恒常的睡眠・覚醒制御の細胞内分子メカニズムの解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2017 九州大学大学院 システム生命科学専攻
  • 2008 - 2012 九州大学 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2018/01 - 現在 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS) ポスドク
  • 2021/04 - 2024/03 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2017/12 - 2017/12 九州大学 大学院 理学研究院 ポスドク
  • 2014/04 - 2017/03 日本学術振興会特別研究員(DC1)
受賞 (1件):
  • 2012/06 - 欧州分子生物学研究所 EMBL Corporate Partnership Registration Fee Fellowship Isolation of mutants for forgetting signals of olfactory adaptation
所属学会 (3件):
日本生化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る