研究者
J-GLOBAL ID:201201099298143348   更新日: 2021年04月14日

北谷 和之

キタタニ カズユキ | Kitatani Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.setsunan.ac.jp/~p-yakko/http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5156cd9fe2d5f274358122fb0a6a8c81.html
研究分野 (5件): 産婦人科学 ,  医療薬学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬理学 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (10件): 脂質生化学 ,  スフィンゴテラピィ ,  がん治療 ,  セラミドリポソーム ,  薬理学 ,  スフィンゴ脂質 ,  がん ,  ネクロプトーシス ,  セラミド ,  腫瘍生物学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2021 ネクロプトーシス制御機構の解明と創薬基盤の創出
  • 2016 - 2019 卵巣がんでのセラミドの意義
  • 2017 - 2018 Identification of acid β-glucosidase as a tumor suppressor gene
  • 2017 - 2018 セラミド合成酵素の腫瘍生物学と新たな癌治療戦略基盤の構築
  • 2014 - 2015 卵巣がん転移を標的とした創薬の基盤構築:セラミドの利用
全件表示
論文 (70件):
  • Tetsuya Terada, Masaya Matsuda, Miki Inaba, Junpei Hamaguchi, Naoki Takemoto, Yusuke Kikuoka, Yuko Inaka, Harumi Sakae, Kennosuke Hashimoto, Hayato Shimora, et al. Sublingual immunotherapy for 4 years increased the number of Foxp3+ Treg cells, which correlated with clinical effects. Inflammation Research. 2021
  • Tomoka Misawa, Masafumi Toyoshima, Kazuyuki Kitatani, Masumi Ishibashi, Junko Hasegawa-Minato, Shogo Shigeta, Nobuo Yaegashi. Involvement of small extracellular vesicle-derived TIE-1 in the chemoresistance of ovarian cancer cells. Cancer Treatment and Research Communications. 2021. 27. 100364-100364
  • Xuewei Zhang, Wataru Sakamoto, Daniel Canals, Masumi Ishibashi, Masaya Matsuda, Kentaro Nishida, Masafumi Toyoshima, Shogo Shigeta, Makoto Taniguchi, Can E Senkal, et al. Ceramide synthase 2-C24:1 -ceramide axis limits the metastatic potential of ovarian cancer cells. FASEB Journal. 2021. 35. 2. e21287
  • Hozawa A, Tanno K, Nakaya N, Nakamura T, Tsuchiya N, Hirata T, Narita A, Kogure M, Nochioka K, Sasaki R, et al. Study Profile of The Tohoku Medical Megabank Community-Based Cohort Study. Journal of Epidemiology. 2021. 1-12
  • 北谷和之. 喘息関連遺伝子ORMDL3:スフィンゴ脂質合成との関り. ファルマシア. 2020. 56. 10. 959-959
もっと見る
MISC (14件):
書籍 (4件):
  • セラミド研究の新展開
    食品化学新聞社 2019
  • がん転移学の基礎研究:卵巣癌の分子機構
    日本臨床 2017
  • セラミド-基礎と応用
    セラミドの細胞内機能概論:スフィンゴミエリン合成酵素ファミリー 2011
  • Generation of signaling molecules by de novo sphingolipid synthesis
    Springer 2006
講演・口頭発表等 (23件):
  • リポソーム化セラミドの抗腫瘍活性:プログラム化ネクローシスの誘導
    (日本薬理学会 近畿部会 2018)
  • セラミド製剤によるネクロプトーシス誘導
    (日本薬学会 近畿支部 2018)
  • セラミドを基調とした癌治療及びまとめ
    (Conbio2017 2017)
  • Ceramide synthase 2-ceramide axis limits metastatic potential of ovarian cancer
    (9th International Ceramide Conference 2017)
  • Ceramide synthase 2-ceramide synthesis pathway modulates the metastatic potential of ovarian cancer
    (第69回 日本産科婦人科学会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • PhD (京都薬科大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 摂南大学 薬学部 薬効薬理学研究室 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 摂南大学 薬学部 薬効薬理学(奈邉 健 教授) 講師
  • 2017/04 - 2018/03 東北大学 東北メデイカル・メガバンク機構(山本雅之 機構長) 講師
  • 2017/04 - 2018/03 東北大学 東北メデイカル・メガバンク機構 地域支援大崎センター 副センター長
  • 2017/04 - 2018/03 東北大学 大学院医学系研究科 婦人科学(八重樫伸生 教授) 講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/09 - 現在 Diseases 誌 Editorial Board
  • 2019/07 - 現在 Cells 誌 Editorial Board
  • 2019/06 - 現在 スフィンゴテラピィ研究会 組織委員長
  • 2017 - 現在 Journal of Gynecology & Reproductive Medicine 誌 Editorial Board
  • 2019/01 - 2021/03 第40回日本眼薬理学会 組織委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2016 - European Journal of Surgical Oncology 誌 Outstanding Contribution in Reviewing
  • 2012/04 - Gaucher Generation Program (Sanofi) Young Investigator Award
  • 2006/11 - 41th Annual Southeaster Regional Lipid Conference Travel Award
  • 2004/11 - 39th Annual Southeaster Regional Lipid Conference Postdoctral Award
所属学会 (10件):
日本癌学会 ,  スフィンゴテラピィ研究会 ,  日本薬理学会 ,  日本眼薬理学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本産科婦人科学会 ,  日本生化学会 ,  ASBMB ,  日本薬学会 ,  日本脂質生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る