{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202179342249083   整理番号:12A0494393

博多湾堆積物より分離されたフミン酸の分光学的特徴

Spectroscopic Characterization of Humic Acids Isolated from the Sediments in Hakata Bay
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  ページ: 39-47  発行年: 2001年11月10日
JST資料番号: L8382A  ISSN: 1344-9915  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
博多湾堆積フミン酸の起源物質を特定するために,室見川に近い博多湾にて海洋堆積物を採取し,堆積物中のフミン酸元素組成を測定した。文献に報告されている海洋起源フミン酸と元素組成レベルでは同等のフミン酸であることを確認した。フミン酸のFT-IRスペクトルは水素結合,-OH,芳香族と脂肪族の-CH,-COOH,C=O,C-O-C,アミド結合の存在を示す。1H-NMRは脂肪族と芳香族特性を示し,これらはフミン物質の存在をしめす重要な成分である。熱分解-GC/MSはフミン物質の成分がタンパク質,炭水化物,脂質,フェノール類のような幅広い生物関連物質よりなることを示す。これらの結果より,フミン酸の主要成分が水生の植物,藻類,動物由来であり,リグニンのような外来性物質の寄与は少ない。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有機地球化学 
引用文献 (32件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る