{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202203421058780   整理番号:12A1382983

CmpRは概日性の位相調整と細胞の成長のために重要である

CmpR is Important for Circadian Phasing and Cell Growth
著者 (9件):
資料名:
巻: 53  号:ページ: 1561-1569  発行年: 2012年09月
JST資料番号: W1897A  ISSN: 0032-0781  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
藍藻類Synechococcus elongatus PCC 7942においては,概日時計が大部分の遺伝子発現を調整しており,転写因子Pexは暗条件下において豊富に存在している。pex発現生物ルミネセンスレポーターの構築による分子遺伝学的研究,およびレポーター遺伝子に薬物耐性遺伝子カセットをランダムに挿入することによる明るく発光する変異体類のスクリーニングを行った。一つの変異体はcmpR遺伝子座に抗生物質耐性カセットの挿入を含んでいたので,このCmpRがpex遺伝子の発現をターゲティングしているか否かを調べた。cmpR変異体においては,pex遺伝子のmRNAレベルは野生型の1.8倍であり,生物ルミネセンスリズムの概日ピークは5時間遅かった。この異常性は天然遺伝子の異所的誘導によって相補されたが,その相補性はcmpR/pex二重変異体においては部分的であった。CmpRのin vitroDNA結合解析の結果は,psbのすべてのプロモーターに結合するが,pex DNAには結合しないことを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
植物生理学一般  ,  遺伝子発現  ,  蛋白質・ペプチド一般 
引用文献 (27件):
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る