{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202209095347855   整理番号:12A1037846

耐震補強による既存木造住宅の耐力UP術 III)建築時期から辿る既存木造住宅の構造的進展 基礎・壁・接合部の構造的変遷

著者 (2件):
資料名:
号: 751  ページ: 98-103  発行年: 2012年08月01日
JST資料番号: F0142A  ISSN: 0022-9911  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記の基礎の変遷として,玉石等による独立基礎,延石・布石等による布基礎,昭和の初期からコンクリート布基礎及びその有筋化等,平成年代ではべた基礎が普及している。壁の変遷として,昭和25年の建築基準法の制定で壁率の規定により真壁から大壁には変化し,耐力壁等は筋かい・石膏ボード等が普及し,接合部変遷では羽子板ボルト・柱脚金物等である。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
木構造  ,  建築物の耐震,免震,制震,防振 

前のページに戻る