{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202209148780904   整理番号:12A1485511

国立国会図書館「公共図書館における障害者サービスに関する調査研究」から 第6回 これからの障害者サービスを考える

著者 (4件):
資料名:
巻: 106  号: 10  ページ: 736-737  発行年: 2012年10月20日
JST資料番号: G0039A  ISSN: 0385-4000  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
障害者サービスのとらえ方を「特別」なサービスから「当たり前」のサービスへと転換していく必要性を概説し,「特別」という意識を転換するのにインクルーシブな利用を促しいくことが有効であることをその課題とともに述べた。障害者サービスの拡充に向けて,郵便制度の在り方,子どもの障害者サービスの拡充,「読書バリアフリー法」制定が障害者サービスの拡充・発展に寄与することへの期待について述べた。障害者サービスにおける職員・図書館協力者の高齢化への対処について,職員間でのサービスの専門性の継承の問題,図書館協力者の高齢化が進む中での資料製作や対面朗読などのサービスの維持・発展の課題,その課題に対する養成講座の複数の館での共同開講や修了者の共有などの対処,「出版社のユニバーサルデザイン」の促進の働きかけ,電子書籍への期待について述べた。障害者サービスにおける公共図書館,学校図書館,大学図書館,視覚障害者や聴覚障害者への情報提供施設や病院患者図書館などとの館種を超えた連携・協力の強化の必要性を述べた。最後に,今回の調査そのものの課題に言及した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図書館一般 

前のページに戻る