{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202214864949697   整理番号:12A0053889

運用業務プロセスのモデル化

著者 (3件):
資料名:
巻: 2010  号: 春季  ページ: C1-1 (WEB ONLY)  発行年: 2010年
JST資料番号: U0249A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
運用業務のプロセス分析については,ITILやBPMなどさまざまな分析の提案がなされてきた。運用フレームワークfwopでは,運用業務を遂行する組織,個人に着目し,運用組織に求められる10の機能を業務機能ユニットとしてモデル化することで,運用業務プロセス全般を表現しようとしている。本発表では,この「業務機能ユニット」のコンセプトを紹介するとともに,「業務機能ユニット」で表現された運用業務プロセスの,1.標準化による効率化,2.業務特性に従ったモデル化による展開容易性の実現,3.運用業務基盤に反映(実装)するための「運用アーキテクチャ」の3つの展望について述べる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム運用管理 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る