{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202216372942924   整理番号:12A1122160

センシングと信号伝送の融合に関する研究

著者 (1件):
資料名:
巻: 20  ページ: 41-46  発行年: 2012年06月01日
JST資料番号: L4786A  ISSN: 0919-5440  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
センシング情報を検出するセンシングと情報伝送を一体化して考える新たな情報伝送方法を検討した。具体的にシステムを構築するためには,問題点として,n次元センシングデータと信号伝送では,ユークリッド距離とハミング距離それぞれの情報間距離の定義が異なっている。このことを解決するため,グレイ符号化を用いる必要のあることを見つけた。また,センシング情報の冗長度,相関を用いてビタビアルゴリスムを用いた曖昧度改善方法を提案し,計算機シミュレーションにより実証した。この結果,転送データの欠落も補償でき,欠落が1サンプル当たりの最大偏移の5倍程度になったとしても,十分リアルタイムに情報補間できることが分かった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
リモートセンシング一般  ,  通信網 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る