{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202221088120063   整理番号:12A0594533

微動領域の特性を考慮した可変フィードバック制御系によるボールねじ駆動テーブル装置の高速・高精度位置決め

Fast and Precise Positioning of Ball Screw-Driven Table System Using Variable Feedback Controller Considering System Characteristics in Microscopic Displacement Region
著者 (4件):
資料名:
巻: IIC-12  号: 1-24  ページ: 23-28  発行年: 2012年03月06日
JST資料番号: X0577A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボールねじ駆動を用いるテーブル装置の位置決めの高速・高精度化のために,転がり軸受の振る舞いに着目し,転がり要素が完全に転がりクーロン摩擦として静特性を示す粗動領域と,転がり要素が転がらず非線形ばね特性を示す微動領域では,システムの周波数特性が異なることを活用してフィーバック(FB)補償器ゲインの設計を行った。まず,転がり摩擦の影響によって位相余裕が拡大する微動領域では,通常より高いFB補償器ゲインを与えることで制御帯域の拡大を実現し,位置決め制御の更なる高速・高精度化を図った。特に目標値近傍では高ゲイン化するためにシステムの安定性を確保することを重視した。本報告では特に,実機周波数特性に基づいて,微動両機に特化した安定判別について指針を示した。提案手法の有効性を検証するために,供試ボールねじ駆動テーブル装置を用いて実験し,本手法の適用により従来に比して軌跡追従誤差面積を約40%減少できることを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
システム設計・解析  ,  サーボ機構  ,  工作機械要素,ジグ,チャック 
引用文献 (8件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る