{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202226526368369   整理番号:12A0145888

Mo添加鉄系焼結合金歯車の歯元転造加工による表面緻密化および高強度化

Improvement of Surface Densification and Fatigue Strength by Tooth Root Rolling of Sintered Ferrous Alloy Gear Added Mo
著者 (6件):
資料名:
巻: 58  号: 11  ページ: 692-696 (J-STAGE)  発行年: 2011年
JST資料番号: F0691A  ISSN: 0532-8799  CODEN: FOFUA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
複雑な形状を有する歯車の製造を粉末冶金によって行なうことが期待されるが,大きな負荷の掛かる歯元に十分な強度を持たせることが課題となっている。本研究においては,この課題に対して,転造加工を付加することで所期の機械的性質をもたせる試みを実施した。実験に供した材料はFe-0.45mass%Mo-0.20mass%Mn合金粉末の表面に0.15%のMo拡散層を形成させたハイブリッド粉末であった。プレス成形・焼結により円盤材料を調製し,ホブ切り後転造加工を実施した。得た歯車について,浸炭焼入れおよび熱処理を実施し,その後組織観察および硬度測定を実施した。この結果,転造加工により歯元部の緻密化が進展し,SCM415材の83%に相当する1250MPaの歯元曲げ疲れ強さを得ることができた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圧粉,焼結  ,  転造  ,  金属材料 
引用文献 (6件):

前のページに戻る