{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202248182678367   整理番号:12A0087908

奈良町北地区における家族形態・居住形態の変化と居住地の持続性-単身居住への動きからみた-

Changes in Family and Dwelling Styles, and the Sustainability of Residences in North Nara-machi-Viewed from the Tendency Toward One-person Residences-
著者 (2件):
資料名:
巻: 62  号: 12  ページ: 783-793  発行年: 2011年12月15日
JST資料番号: F0763A  ISSN: 0913-5227  CODEN: NKGAEB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
歴史・自然環境に恵まれた奈良町北地区を事例として,親から子への居住の継承について検証し,地区全体としての居住地の持続性を考える資料を得ようとした。居住者の「単身化」と単身居住の動向に着目し,2000年時点の家族形態別にみた,家族規模の縮小・拡大の傾向から,単独世帯の住宅の特徴を示し,家族形態,および親子の居住形態の現況と動向を検討した。(1)2000年調査時から約10年の経過により,調査対象の238世帯のうち19件が,居住者の入れ替わりや,住宅が「空き家」「空き地」「駐車場」に変化し,そのうち10件は単独世帯の住宅の変化であった。また,単独世帯33件中15件に変化(空き家・空き地・駐車場化が11件,改築が2件,新築が2件)があり,住宅を建て替える事例は,単独世帯全体の約1割を占める。奈良町北地区において,単身居住の住み替わりは,住宅地の持続性につながる転機であり,親から子への居住の継承や新規流入による入れ替わりがなされない現状と,空き家・空き地化が予測できる。(2)2000年時点の家族形態と将来の子との同居・近居および独立の予定をもとに,家族規模の「縮小」「拡大」から単独世帯の住宅の特徴をみると,単独世帯には,長屋と借家が比較的多い。また,住宅規模が相対的に小さく,敷地面積,延床面積,居室数に関連性がある。(3)居住が継承されにくい問題については,住宅規模と町家の空間構成等の問題点が大きい。同一建物内での同居は,各世帯の領域を明確に仕切ろうとする住み方には向かないため,世代の住み分けを可能とする点で,町家に特有の中庭を介して「母屋と離れ」からなる空間構成の有用性が確かめられる。(4)子世代への居住の継承については,居住者の意識と実態に差があり,継承希望があっても,親子同居による居住の継承が実現しにくい状況がある。子への継承ではなく,孫への継承意向を示していたものの,現在空き家となっている事例が出てきている。継承の見通しは住宅の空き家化,建替えとの関連性があることから,居住の継承には限界がみえ,新規流入をうながし,住宅を改修していく方策を検討することが急務の課題である。...(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
住居地域計画一般 
引用文献 (11件):
  • 1) 今井範子,山本稲子.郊外住宅地・奈良市学園前における高齢期の家族形態と居住形態の動向 その1 家族の居住様式からみた郊外住宅地の再構築に関する研究.日本建築学会学術講演梗概集.2002,p.515-516
  • 2) 今井範子,扇田 信,四宮淑江.今井町住宅における住様式の変化.家政学研究.1984.Vol.30.No.2,p.144-155
  • 3) 牧野唯,今井範子.親子同居からみた居住形態の現状と居住の継承に関する調査研究-奈良県橿原市今井町の場合-.日本建築学会計画系論文報告集.1998.Vol.510,p.117-124
  • 4) 牧野唯,今井範子.今井町住宅における改修要求と居住の継承との関係.日本インテリア学会.1999.No.9,p.1-7
  • 5) 牧野唯,今井範子.居住者の生活行動からみた生活スタイル特性と住環境意識-奈良県橿原市今井町における-.家政誌.1999.Vol.50,No.11,p.1171-1182
もっと見る

前のページに戻る