{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201202268681054146   整理番号:12A1160959

ファビピラビル(T-705)はin vitroでノロウイルスの複製を阻害する

Favipiravir (T-705) inhibits in vitro norovirus replication
著者 (8件):
資料名:
巻: 424  号:ページ: 777-780  発行年: 2012年08月10日
JST資料番号: B0118A  ISSN: 0006-291X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヒトノロウイルスは,食物経由胃腸炎の主要な原因である。ノロウイルス感染の治療/予防には,強力で安全な阻害剤が必要である。ここで,ファビピラビル[T-705,インフルエンザウイルス感染治療のための臨床開発中の薬剤]が,in vitroでマウスノロウイルス複製を阻害することを示す。時間-薬物添加研究は,T-705がウイルスRNA合成開始と一致した時間点でその活性を示すことを明らかにし,これは推定標的としてのウイルスポリメラーゼと一致する。Copyright 2012 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
抗ウイルス薬の基礎研究 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る