{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202283864415015   整理番号:12A1442128

接触動作を考慮したスライディングモード制御による高精度センサレス加圧制御

High-Precision Sensorless Force Control by Sliding Mode Control for Positioning Devices with Contact Operation
著者 (4件):
資料名:
巻: IIC-12  号: 171-179  ページ: 37-42  発行年: 2012年09月04日
JST資料番号: X0577A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
マニピュレータやロボットハンドなど,環境と接触する機器では,接触部を対象物まで迅速速やかに到達させる位置制御と接触後の高精度な力制御を,同時に求められることが多いため,力センサを用いて高精度に加圧力を制御することが望ましいが,一般的にセンサの取付けはコストや構造上の観点から困難な場合が多い。そこで,センサレスで高精度に力制御を実現する手法が数多く研究されている。本研究では,衝突力の緩和のため接触部にばねを有する機器を対象とし,モデルベースの力推定手法を用いることにypり,推定遅れの生じない高精度センサレス加圧制御の実現を目指した。まず,非線形特性のばねの影響で加圧力応答に過大な振動が発生することを防ぐため,スライディングモード制御による力制御系を構築し,高精度加圧制御を実現し,次に,接触位置までの位置情報から非線形の加圧力応答を推定できるモデルを適用して高精度センサレス加圧制御を実現した。供試装置を用いた実験により本手法の有効性を検証した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの運動・制御 
引用文献 (8件):
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る