{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201202296989986990   整理番号:12A0460349

自己結合効果型レーザセンサを用いた振動計測における統計的特徴を利用した信号処理方法

Signal Processing using Statistical Algorithm for Vibration Measurement with a Self Coupling Effect Sensor
著者 (3件):
資料名:
巻: 132  号:ページ: 208-213 (J-STAGE)  発行年: 2012年
JST資料番号: S0808A  ISSN: 0385-4205  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
振動計測に対する統計的アルゴリズムを用いた信号処理について報告した。このアルゴリズムは正弦波振動に対する標準偏差の統計的特徴を利用しており,ピークtoピーク法よりも正確である。またこのアルゴリズムはFFT法に比べ,精度は同等以上であり,ハードウェアはより少ない。シミュレーションと実際の測定値で,この方法をよい結果をもたらした。本方法は自己結合効果センサや他の振動センサに広く適用できる。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
振動の励起・発生・測定 
引用文献 (9件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る