研課題
J-GLOBAL ID:201204000507506547  研究課題コード:8887 更新日:2013年10月07日

ヒト毒性軽減を指向したフェノキシ酢酸系および安息香酸系農薬の開発

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
フェノキシ酢酸系および安息香酸系除草剤の多くは、モノカルボン酸トランスポーターにより吸収される。同トランスポーターと親和性の低い農薬を開発することでヒト毒性軽減が期待できる。また化学物質の生体毒性を予想するプログラム(KATE、国立環境研)を利用して、ほ乳類のみならず、魚類や甲殻類への毒性も予想し、生態系にも配慮した農薬の開発を進める。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る