研課題
J-GLOBAL ID:201204002824878690  研究課題コード:9438 更新日:2013年10月07日

高活性ニトロキシラジカル型アルコール酸化触媒の物性制御による多元活用性開発

実施期間:2006 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
アルコール類のカルボニル化合物への酸化反応は、医薬品、香料、液晶等の高付加価値有機化合物を合成する際に利用される有用反応であるが、煩雑な操作・装置を要することや反応剤・廃棄物の環境毒性が障害となり、その適用範囲は限定的なものとなっている。しかし、本反応は有機物に高い機能性(カルボニル基)を付与することから、マテリアル、バイオ化学領域でのさらなる活用が期待される。申請者らは、ごく最近、効率的アルコール酸化を可能とするアザアダマンタン型およびアザビシクロ型ニトロキシラジカルを触媒の開発に成功した。本法は、先行
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る