研課題
J-GLOBAL ID:201204006636028080  研究課題コード:9619 更新日:2013年10月07日

クリープ回復を利用した粘弾性特性

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
粘弾性部位の試験方法では、被測定物に優しい非接触式・非破壊での計測法により粘弾性特性を測定できることが望まれる。ここでは食品、軟体物や動物臓器の生体部位を対象にした被測定物の粘弾性特性を測定できる試験方法を提案し、簡易な試験装置の開発を試みる。提案する試験装置は、圧平する力に空気噴流を用いて、ノズルより流れ出る流体が粘弾性特性のある材料表面にくぼみを発生させる原理を利用している。発生したくぼみの大きさのクリープ回復を測定して被測定物の粘弾性特性を調べる。したがって被測定物の粘弾性特性を測定できる簡易的な試験方法を提案し、試験装置の改良と簡易な計測システムの開発を試みる。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る