研課題
J-GLOBAL ID:201204007092215260  研究課題コード:6432 更新日:2013年10月07日

赤外分光法による日本酒製造プロセス定量化の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
赤外分光法(FT-IR/ATR法)により日本酒、日本酒原料、およびそれらの基本構成成分の赤外線吸収特性を把握し、日本酒製造プロセスのモニタリング手法の確立を試みる。また、そのモニタリング情報に基づいた製造プロセスの定量化解析を行うことにより、科学的根拠に基づいた日本酒製造プロセスの改善・高度化を目指す。さらに、製品の赤外分光解析を行い、品質評価(きき酒)への科学的根拠の導入方法を検討する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る