研課題
J-GLOBAL ID:201204007851410090  研究課題コード:4031 更新日:2013年10月07日

ガイダンス因子シグナルで普遍的に駆動されるシグナル伝達経路の解明

実施期間:2011 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
神経軸索は様々なガイダンス因子に導かれて標的細胞に到達し、複雑な神経回路を形成します。ガイダンス因子は誘引作用を持つもの、反発作用を持つものに分類され、神経細胞先頂部の成長円錐は、それらの情報を感知・統合し、基質との接着を巧みに変化させ、かじとりをします。本研究は、特に、G蛋白質による細胞接着のポジティブフィードバック機構に着目し、軸索ガイダンスで普遍的に駆動される情報伝達機構の解明を目指します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る