研課題
J-GLOBAL ID:201204008104221012  研究課題コード:5177 更新日:2013年10月07日

水素生成型太陽電池を指向した光酸素発生アノードの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
水素生成型太陽電池は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換すると同時に、クリーンエネルギーである水素を水から生成する革新的な太陽電池である。これを作成するためには、光水素発生カソードと共に光酸素発生アノードの開発が重要であるが、光酸素発生アノードに応用可能な効果的な酸素発生触媒の開発が大きな課題となっている。最近、我々は従来の触媒よりも一桁高い触媒活性を示すルテニウムアコ錯体の合成に成功した。本研究では、この錯体触媒を応用した酸素発生光アノードの開発を目指す。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る