研課題
J-GLOBAL ID:201204010105669453  研究課題コード:7012 更新日:2013年10月07日

超長寿命の光誘起電荷分離状態を有する純有機開殻分子システムの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
代表研究者らは、独自に開発した15π電子系の縮合多環構造を有する中性ラジカルに電子ドナー部を連結したスピン非局在型の開殻有機分子を設計・合成した。そしてこの中性ラジカルが、光誘起分子内電子移動反応により長寿命の電荷分離状態に変化することを見出した。本研究では、電子スピンが分子骨格全体に広く非局在化した開殻有機分子の光誘起分子内電子移動やフォトクロミズムに関する基礎的知見を蓄積する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る