研課題
J-GLOBAL ID:201204011011102090  研究課題コード:5183 更新日:2013年10月07日

チョコレートの血糖値上昇抑制効果の機構解明

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
チョコレートの起源は非常に古く、健康を維持するための機能成分が豊富に含有していることが報告されている。原料であるカカオには種々の機能成分が含まれており、血糖値の上昇能であるグライセミックインデックスも低い。しかし、カカオの摂食後過血糖抑制効果の機構解明は行われていない。そこで、配合組成の異なるチョコレートを試作し、構成成分と摂食後過血糖抑制効果の定量的な関連性を明らかにするために本研究を行う。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る