研課題
J-GLOBAL ID:201204011729959215  研究課題コード:7488 更新日:2013年10月07日

高輝度な赤色応力発光体を用いた応力が直接目視できるセンサーの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
摩擦、衝撃、圧縮などの機械的な外力(応力)によって、直接発光する高輝度・高効率な応力発光体センサーを創製することにより、新たな応力センシングが可能となる。本研究では、1圧電効果によるエレクトロルミネッセンスと、2摩擦による熱ルミネッセンスの提唱している2つのメカニズムを有効に活用し、瞬間の発光ではなく、十分な発光時間を有する硫化亜鉛系の高輝度な赤色応力発光体を開発し、目視による応力計測システムの構築を行う。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る