研課題
J-GLOBAL ID:201204013445885435  研究課題コード:10140 更新日:2013年10月07日

自動車触媒の貴金属使用量削減を目指したアークプラズマ乾式触媒調製法の開拓

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
アークプラズマ放電(APG)を利用して、PtおよびPd地金から多孔性酸化物担体上にナノ粒子を直接析出させる新規な自動車触媒調製法を確立する。APG法特有の超高分散性および強固な貴金属-担体相互作用を利用して、優れた触媒活性と耐熱耐久性とを併せ持つ担持貴金属触媒を創生する。本技術を駆使して、世界中で待望されている自動車触媒における貴金属使用量の50%以上の削減を実現し、次世代型触媒調製技術としての実用化を目指す。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る