研課題
J-GLOBAL ID:201204015145843989  研究課題コード:9234 更新日:2013年10月07日

遺伝子発現を指標とした牛体外受精胚の新規体外培養法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
牛卵子の体外受精後の体外発生率および胚移植後の受胎率の向上は優良牛の増産にとって不可欠かつ急務な課題となっている。そのためには、移植後の発生および受胎能力を指標とした胚の品質評価およびそれに基づいた体外培養系の開発が必要である。我々は前年度のシーズ発掘試験において、遺伝子発現解析による牛体外受精胚の品質評価に必要な解析技術と基礎的知見を得ることができた。本研究では、これら前年度に確立された評価法を利用して、遺伝子発現情報に基づく牛体外受精胚の新規体外培養系の開発を目標とする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る