研課題
J-GLOBAL ID:201204017203757497  研究課題コード:9031 更新日:2013年10月07日

修飾アパタイト材料へのタンパク質吸着および脱離特性の評価

実施期間:2007 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
骨補填材等の生体材料としても使用されているヒドロキシアパタイト(HAp)は骨や歯の生体硬組織の主成分であり、生体HAp中には数重量%の炭酸イオンが含まれている。また近年、HAp材料の用途として、タンパク質医薬の薬物送達(ドラッグデリバリー)システムの担体に関心が持たれている。この見地から、本研究では、HAp構造内へ炭酸イオンを導入し、種々タンパク質の吸着および脱離特性の炭酸イオン含有量依存性を定量的に調べることを目的としている。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る