研課題
J-GLOBAL ID:201204020134984460  研究課題コード:10774 更新日:2013年10月07日

同位体制御されたシリコン中のドナー不純物を中心とした量子スピントロニクス

実施期間:2009 - 2012
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究交流は、産業的に最も重要なシリコン半導体を舞台とし、量子情報の長時間維持とエンタングルメント生成の高純度化について追求し、量子物理学理論の予想しない新発見を模索する。具体的には、日本側は29Si核スピンを排除した高品質・高純度単結晶作製に関する材料科学と直流磁気共鳴評価を分担し、英国側はパルス磁気共鳴評価と理論解析を分担する。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、量子コンピュータ、量子通信、核スピンメモリー、量子ホログラフィックメモリー、超高精度センサーなどで新概念が生まれ、今後のシリコンエレクトロニクスの発展に向けて貢献できることが期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る