研課題
J-GLOBAL ID:201204020739611283  研究課題コード:4631 更新日:2013年10月07日

食用野菜中のホスホリパーゼを利用した工業用酵素製剤の開発

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究の目的の一つは、食用野菜に含まれる酵素(ホスホリパーゼ)の特性と利用法を明らかにすることによる、産地廃棄される野菜の有効利用法の提案である。具体的には、これまで検討したキャベツ、大根、キュウリ、なすを含む様々な食用野菜の酵素活性を比較し、ターゲットとする野菜(最も酵素活性の高い野菜)を絞り込む。次に、100gスケールの野菜酵素抽出を行う。さらに、野菜酵素の反応条件の最適化、反応生成物の調査し工業用としての実用性を明らかにする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る