研課題
J-GLOBAL ID:201204021328720860  研究課題コード:4030 更新日:2013年10月07日

柔軟な判断を可能にする神経回路の動作原理の解明と制御

実施期間:2011 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ヒトはどのようにして柔軟に判断をし、多様な選択を行うことができるのでしょうか。本研究では、柔軟な判断の神経回路モデルとして新たに「Leaky integrator仮説」を提案します。そして、2つのルールに基づき、判断の内容を柔軟に切り替えるタスクスイッチ課題をサルに訓練し、大脳皮質MT野とLIP野の神経活動記録と電気刺激を用いて、本仮説を検証します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る