研課題
J-GLOBAL ID:201204022967420148  研究課題コード:10877 更新日:2013年10月07日

銅酸化物超伝導体中の固有ジョセフソン接合を用いた原子スケールのテラヘルツ・エレクトロニクス

実施期間:2008 - 2011
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究交流はテラヘルツ放射の機構を解明し、それをもとに出力の最大化を図ることを目的とする。具体的には、日本側の固有ジョセフソン接合回路を1つの単結晶に微細加工する技術と、ドイツ側の超伝導体回路パターンにおける電流・電解分布のイメージング技術を組み合わせ、実用領域(~mW)の高強度テラヘルツ波光源を、固有ジョセフソン接合列を用いて実現する。日独が本研究交流を通じて相互補完的に取り組むことで、非破壊検査・医療診断・分子などの分光分析に新規な学術・技術分野が拓かれることが期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る