研課題
J-GLOBAL ID:201204028287095011  研究課題コード:10995 更新日:2013年10月07日

新しい無線システムの使用形態で生じる電波への妊娠女性・胎児の曝露評価モデルの開発

実施期間:2010 - 2012
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究は、新たな無線システムのさまざまな使用形態における胎児と妊娠女性の電波曝露モデルを開発し、同モデルによる評価・解析を実施することを目的とする。日本側の持つ人体モデル開発・計算技術を中心に胎児や子宮内組織の解剖学的変形を考慮した新しい変形ツールを開発するとともに、さまざまな条件における電波曝露量の高速数値計算を実施する。また、フランス側の統計処理ノウハウを活用して膨大な不確かさ要因を考慮した統計的評価手法を開発する。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、電波曝露の適正な管理手法を実現し、将来の無線システムの健全な利用環境の構築に貢献することが期待される。
研究制度: 国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る