研課題
J-GLOBAL ID:201204031498595283  研究課題コード:3939 更新日:2013年10月07日

立体的メディアのための人間の知覚特性に基づく情報提示表現手法の開拓

実施期間:2011 - 2016
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では、立体空間をメディアと捉え、立体による有用な情報提示手法の開拓を目指します。視認性を向上させる要素として人間の知覚特性に着目し、立体造形物を構成する最小構成要素の間隔や大きさを調整することで閲覧者に立体的な視覚効果を知覚させたり、素材とする専用ロボットの動きから空間の状態を知覚させたりすることで、閲覧者の注意を引き付け、低コストで効果的な情報提示が行える情報表現技法を開発します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る