研課題
J-GLOBAL ID:201204032930585274  研究課題コード:5166 更新日:2013年10月07日

コーティング界面じん性値の高精度測定装置の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
セラミックスなどを表面に被覆することにより機能性・耐久性を付与したコーティング材は高付加価値材料として適用範囲が拡大している。コーティングの最適施工条件の選定や耐久性・信頼性評価には界面密着強度を界面じん性値などの破壊力学的パラメータとして評価することが必要となるが、未だその手法は確立していない。そこで、インデンテーション法による界面じん性値評価手法の確立とその標準化を目指し、測定精度および操作性に優れた界面じん性試験機を開発する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る