研課題
J-GLOBAL ID:201204034402422838  研究課題コード:10643 更新日:2013年10月07日

peptidyl-prolyl cis-trans isomerase Pin1 を用いたRunx2翻訳後修飾による骨量調節

実施期間:2008 - 2011
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究交流は骨形成に必須な転写因子であるRunx2をPin1によって翻訳後修飾することの重要性を明らかにすることを目的とする。具体的には、韓国側のRunx2についての細胞生物学・分子生物学的研究の知見と、日本側のRunx2についての動物実験に関する知見を組み合わせ、骨形成におけるPin1の役割を明らかにする。日韓が本研究交流を通じて相互的に取り組むことで、骨粗鬆症や骨折の新たな治療薬の開発に寄与することが期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る