研課題
J-GLOBAL ID:201204034758705311  研究課題コード:7052 更新日:2013年10月07日

植物由来シリカを用いた高耐塩素性・高耐摩耗性を有する複合ゴムの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
現行のEPDMゴムでは、補強材としてカーボンブラック(CB)を添加しているが、水道水中の残留塩素により溶出したCBが発癌性物質であり、現行ゴム素材における耐塩素性が問題視されている。本研究では、植物由来シリカ粒子が非発癌性で、かつ食品添加物試験・医薬部外品試験などをクリアした高い安全性と、シリカの特性である高剛性・超微細多孔質構造に着目し、CBを含まない植物由来シリカ補強複合ゴムを開発し、水道管や食品・薬品製造装置用パッキンへ適用する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る