研課題
J-GLOBAL ID:201204035309418150  研究課題コード:6734 更新日:2013年10月07日

インフルエンザウイルスのヘマトグルチン開裂部位を標的とした新規抗ウイルス剤の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では、高病原性インフルエンザに対する抗ウイルス薬の開発に取り組む。インフルエンザウイルスは、その外膜タンパク質であるヘマトグルチンの開裂により感染能を獲得する。ここでは、ヘマトグルチンに存在するカチオンクラスター部位と特異的に相互作用するポルフィリン骨格を有する抗ウイスル剤のリード化合物を合成し、その感染阻害効果およびそのメカニズムについて様々な角度から検討を行う。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る