研課題
J-GLOBAL ID:201204038851890990  研究課題コード:4749 更新日:2013年10月07日

化学物質の環境リスクを迅速に評価するための藻類細胞バイオセンシングチップの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
新規化学物質や工場排水が、生態環境に与える影響評価が求められている。環境負荷評価法として藻類細胞を用いたバイオアッセイ法が注目されているが、時間がかかる、培養装置が必要、現場で分析できない等の問題があった。本課題では、藻類細胞と補助電極をスクリーン印刷したセンシングデバイスを開発する。藻類細胞の化学物質による光合成活性阻害を電気化学的に測定することで、生態毒性評価試験を現場で迅速かつ安価な評価が可能となる。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る