研課題
J-GLOBAL ID:201204039651642416  研究課題コード:10588 更新日:2013年10月07日

地下大規模空間における岩盤挙動モニタリングのための超高精度多点型光ファイバグレーティング歪センサの開発

実施期間:2008 - 2011
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究は、亀裂や岩盤の不均質性を有する大規模地下空間における地下岩盤の挙動モニタリング用に、超高精度多点型光ファイバグレーティング歪センサの開発を目的とする。具体的には、センサー開発、センサー設置技術、計測データの解析技術、の3つのテーマについて研究を実施する。センサー開発では現状の100倍の歪み精度(10ナノストレイン)を目標とし、センサー設置技術では光ファイバの岩盤への適切な設置により、正確且つ安定に計測システムが稼働するための手法の確立を目指し、データ解析では多孔質弾性論を亀裂系岩盤に適用できるよう拡張し、また、歪センサーと並行して計測する間隙水圧・傾斜計データを統合して解析する技術を確立する。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る