研課題
J-GLOBAL ID:201204039941499846  研究課題コード:7139 更新日:2013年10月07日

革新的光荷電分離分子システムの色素増感太陽電池への応用

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では、研究代表者が最近独自に設計した電子供与体(D)・電子受容体(A)連結型白金錯体の、1)D、A部の構造を変えることによる電荷分離状態生成の高効率化、2)架橋部位の構造を変化させることによる電荷分離状態の長寿命化を図り、太陽電池システムに応用して従来型よりも高い特性が引き出せるかを試験する。また、白金錯体で得られた知見を基にして、他の金属イオンへの応用も検討する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る