研課題
J-GLOBAL ID:201204043711342473  研究課題コード:6236 更新日:2013年10月07日

OK量子化理論を用いた新しい画像圧縮符号化法の研究

実施期間:2007 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ブロードバンド時代となり動画像などの大容量の画像・映像コンテンツの高品質伝送・蓄積が必須な状況を迎えている。このような時代背景を受けて、本申請者が提案した、画像濃度値の確率密度関数の復元性を保証する量子化原理(OK量子化法)を基盤とした画像圧縮符号化方式(OKQ圧縮符号化方式)の構築を目的とする。そのために、1JPEGなどの画像圧縮符号化法との基本的性質を比較実験的に明らかにする、2符号化・複合化アルゴリズムを試作する、3圧縮率と画質との関係を詳細に明らかにする、4これらを元にOKQ圧縮符号化方式の基盤を実現する。以上より、表題の「OK量子化理論を用いた新しい画像圧縮符号化法」を確立することを目標とする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る