研課題
J-GLOBAL ID:201204049473569357  研究課題コード:4580 更新日:2013年10月07日

ナスの下漬液を活用したナスニン包接体の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ナス浅漬け製造時に生じる下漬液中のナスニンを、脱塩行程を経て、合成吸着剤と酢酸を用いて抽出する技術を開発済みである。しかし、抽出液を真空凍結乾燥して得られる粉末は、酸性溶液でないと溶解せず、酢酸の臭いも残留している。この問題点を解決するため、ある種の物質を用いてナスニンを包接し、中性付近で安定した紫色を保つ色素粉末の作成を目指す。また、作成した粉末の抗酸化性をORAC法で評価する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る